ゴルフ100切り「女性ゴルファー」

【ゴルフ100切り】女性ゴルファーゴルフ練習場での『効果的な練習方法』ドライバー編~その1~

2020年3月14日

【ゴルフ100切り】女性ゴルファー「ドライバーショット」に自信をつけよう

 

どうも!

 

やまやんです。

 

 

私は

【ゴルフ100切り】女性ゴルファーが100切り出来ない理由の1つとして

女性ゴルファーは男性ゴルファーに比べて、飛距離が劣る事が原因であり

 

 

「ドライバー飛距離150ヤード越す」という事が

女性ゴルファー【ゴルフ100切り】においての目安

であると、お伝えさせて頂いています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【ゴルフ100切り】女性ゴルファーゴルフ100切りする為に「ドライバー150ヤード」越さないといけない理由

 

 

しかし、【ゴルフ100切り】女性ゴルファー平均飛距離

「ドライバー175ヤード」飛ばせていても

【ゴルフ100切り】達成出来ない方も、多くいらっしゃるんですよね。

 

 

ゴルフは、ただボールが遠くに飛んだ方が有利ではありますが

ただボールが遠くに飛べば、良いスコアで上がれるとは限りません。

 

 

いくら、女性ゴルファー平均飛距離「ドライバー175ヤード以上」飛ばせたとしても

1ラウンドで、OBを5発以上打ってしまえば

スコア100以上なんて、簡単に越してしまうからなんです

 

 

私は、そういった部分から

【ゴルフ100切り】女性ゴルファー平均飛距離「ドライバー175ヤード」飛ばせても

 

【ゴルフ100切り】達成出来ない理由についても

同時にお伝えさせて頂いているんですよね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【ゴルフ100切り】女性ゴルファー「ドライバー平均飛距離」飛んでもゴルフ100切り出来ない理由

 

 

女性ゴルファー【ゴルフ100切り】達成を目指すには

ティーショットで打つ「ドライバーショット」を成功させる事が重要となってきます。

 

 

しかし、どうして

【ゴルフ100切り】女性ゴルファーはゴルフ100切り達成する為に

ドライバーを成功させる事が必要なのでしょうか。

 

 

 

ゴルフコースへ出て、一番最初にティーショットで打つクラブって

ほとんどがドライバーショットのはずです。

 

 

そして、ゴルフコンペや、後ろの組のプレーヤーなどといった

多くのギャラリーが、ティーショットでドライバーを打つ姿を見ている訳ですから

誰でもナイスショットし、カッコイイ所を見せたいと思って当然ですよね。

 

 

しかし、ティーショットで放ったドライバーショットが

ナイスショット所か、

 

『チョロやダフリで「5ヤードから10ヤード」しか飛ばなかった』

『ボールが極端に曲がってOBをし、恥ずかしい思いをした』

 

という経験ありますよね?

 

 

しかも、1打目である、ドライバーでミスショットすると

ゴルフカートに乗って、優雅にプレーする事もままならず

ゴルフクラブ3本くらい持って、走ってばかり・・

 

 

ですから、ドライバーショットを成功させれば、ギャラリーからも

 

「ナイスショットだったね」

「素晴らしいボールだったよ」

 

 

などと、褒められて嫌な気分になりませんし

カートに優雅に乗って、余裕を持ってゴルフを楽しむ事が出来るんです。

 

 

そういった部分から、

【ゴルフ100切り】達成を目指す女性ゴルファーの方が

 

「コースでどうしたらドライバーショットの

ミスを減らせれるのか」

 

「どうしたらドライバーショットに

自信をつける事が出来るのか」

 

という観点から、今回私は

 

【ゴルフ100切り】女性ゴルファーゴルフ練習場での

『効果的な練習方法』~ドライバー編~

 

というタイトルで、お話させて頂こうと思います。

 

 

是非最後まで読んで下さいね!

 

 

【ゴルフ100切り】女性ゴルファー「ドライバーショット」成功に導くポイント

 

・正しいボール位置と正しい構え方が出来ているかが重要

 

【ゴルフ100切り】女性ゴルファー「ドライバーショット」成功に導くポイントの1つ目は

 

「ボール位置が正しい所でセット出来ているか」

「正しい構え方が出来ているか」

 

 

という部分が、非常に重要になってきます。

 

 

ドライバーというクラブは、ゴルフクラブの中でも一番長いのが特徴ですね。

 

 

どうしてドライバーが、ゴルフクラブの中でも一番長いのかというと

ゴルフクラブが長い事によって遠心力が大きくなり

 

「その長さによって得られる

遠心力を使ってボールを遠くに飛ばす」

 

という原理を生かす為なんです。

 

 

ですから、ドライバーのように長いクラブで打つ際には

構えた時の、ボール位置が非常に重要であり

 

このボール位置が正しい位置にセット出来ていない為に

ドライバーショットが安定していない人も

多く存在するはずです。

 

 

 

では

【ゴルフ100切り】女性ゴルファー「ドライバーショット」成功に導く為には

ボール位置を一体どこにセットすれば良いのでしょうか。

 

 

 

【ゴルフ100切り】女性ゴルファー「ドライバーショット」成功に導く為の

ポイントである「正しいボール位置」は

 

ズバリ

「左足カカト内側の線上」

 

がベストであると、私は考えていますね。

 

 

どうして、

【ゴルフ100切り】女性ゴルファー「ドライバーショット」成功に導く為には

 

ボール位置を「左足カカト内側の線上」

にセットする事が必要なのでしょうか。

 

 

先程からお伝えしているように、ドライバーは

全てのゴルフクラブの中でも一番長い為

 

「その長さを生かして遠心力が大きくなってボールが遠くに飛ぶ」

 

という原理が存在します。

 

 

ゴルフクラブが長いという事は、遠心力が大きくなる分振り遅れ易い為

ボール位置を「身体の中央」や「右足より」に置いてしまうと

 

まだクラブフェースが真っ直ぐ当たる前にインパクトしてしまうので

どうしてもクラブフェースが開いて当たってしまい

ボールが右へ飛ぶ傾向になりやすいんです。

 

 

そういった部分から、

 

【ゴルフ100切り】女性ゴルファー「ドライバーショット」成功に導く為には

ボール位置を「左足カカト内側の線上」

 

セットする必要があるというのが理由の1つなんですよ。

 

 

そして

【ゴルフ100切り】女性ゴルファー「ドライバーショット」成功に導く為には

正しい構え方を作る事も重要なポイントの1つです。

 

 

先程からお伝えしているように、

ドライバーショットを打つ際のボール位置は、左足かかと内側の線上であると

お伝えさせて頂いています。

 

 

しかし、

【ゴルフ100切り】女性ゴルファー「ドライバーショット」成功に導く為の

重要なポイントの1つである、ボール位置が

 

左足カカト内側の線上へセットする事で

良くアマチュアゴルファーの方が陥り易い

 

「ある悪いクセ」

 

を良く見かけるんですよね。

 

 

【ゴルフ100切り】女性ゴルファー「ドライバーショット」成功に導く為

ボール位置を左足カカト内側の線上へセットする事によって

アマチュアゴルファーが陥ってしまう悪いクセとは

 

身体全体がボールに向かって構えてしまい

左足体重で構えてしまっている方が多いんです。

 

 

このように、ボール位置が左足カカトの線上へセットした事で

身体全体もボールに向かって構えてしまい、左足体重になってしまうと

以下のような症状が現れて来るんですよね。

 

 

1.例えば、クラブの角度であるロフト角が

本来「13°」のドライバーを使用した場合

ロフト角が「9°」など、ロフト角が立ってしまい、ボールが上がりにくい

 

2.左足体重で構えている事で、上から叩いてしまい

「テンプラ」になってしまう。

 

3.右肩が前に出て来てしまい、肩の向きが左を向くので

結果、アウトサイドイン軌道のスイングとなってしまい

左へ引っ張り引っ掛けか、スライスが出てしまう。

 

 

などといった症状が現れやすくなり

「ドライバーショット」

が上手く行かない理由に繋がってきますね。

 

 

本来、「ドライバーショット」の正しい構え方とは

頭の位置がスタンスの中央にあり、右肩が自然に下がった形が

理想的な構え方になります。

 

 

右肩が自然に下がった構え方を行う事によって

目線が高くなるので、構えに傾斜がつき、ボールを叩きに行かない為

 

クラブの芯で捕らえて、ボールも上がるようになりますから

滞空時間が長くなる為、飛距離が出るようになるんですよ。

 

 

 

まとめ

 

今回は、

【ゴルフ100切り】女性ゴルファー「ドライバーショット」成功に導く為

 

ボール位置と、正しい構え方が出来ているのか

という点について、お伝えさせて頂きました。

 

 

やはり

女性ゴルファー【ゴルフ100切り】達成する為には、

ゴルフコース1打目のティーショットで最も多く使うクラブである

 

「ドライバーショット」での失敗を防ぐ事が

何よりも自信へと繋がってきます。

 

 

ゴルフコースの1打目のティーショットで最も多く使用する

「ドライバーショット」でナイスショットが打てると

 

気分は最高ですし、優雅に余裕を持ってゴルフを楽しめるので

最高の1日を過ごせますよね。

 

難民ゴルファー脱出100切り講座「無料公開中」

       

    ・YouTubeゴルフレッスン動画を沢山観すぎてどうしたら良いのか分からない

・ゴルフ雑誌のワンポイントアドバイスを真似ては失敗する毎日を過ごしている

・目的もなくただボールを打っているだけで自分に足りない部分が分からない

 

などと言った理由から、ゴルフ100切り達成出来ないとお悩んでいる

アマチュアゴルファーの方に対し、無料メール講座を作りました。

   

1.管理人やまやん自身がゴルフを始めた時に犯してしまった大きな失敗

2.難民ゴルファーに陥ってしまう人がついついやってしまう問題点

3.YouTubeゴルフレッスン動画を観ても上手くなれない理由

4.ゴルフ雑誌のワンポイントレッスンを鵜呑みにしても上手くいなかい理由

5.やまやんがサポートした方が、どのようにして難民ゴルファーから脱出出来たのか

 

これらの内容を動画とテキストにて無料でプレゼントさせて頂いております。

 

興味のある方は、是非下記のフォームから登録して下さい。

 
 
      ※i softbank、i cloud 、ezweb、docomoのアドレスでは

メールが届かない可能性がある為、他のメールアドレスを推奨しております。

 

※無料メール講座はいつでもメール内のURLより解除が可能です。

 

管理人やまやんプロフィール

   

高校1年生の頃に、ゴルフ部に入部し本格的にゴルフを始め、

「1日1000球打たないと上手くなれない」という

指導者から根拠もない根性論を信じながら、ゴルフ雑誌を読み漁る日々を送る。

 

しかし、ゴルフ雑誌を読み漁り、1日1000球打って誰よりも努力したのにも関わらず

その努力が反対に迷いを生んでしまい、難民ゴルファーへと墜落。

 

楽しいはずのゴルフが、上手く行かない苦痛を毎日感じて

そこから10年以上難民ゴルファーから脱出する事が出来なかった。

 

そんな根性論やYouTubeゴルフレッスン動画、ゴルフ雑誌の情報に惑わされる日々を送っていたが

2009年ゴルフレッスン指導をきっかけに、ゴルフスイングの原理・原則を学び難民ゴルファーから脱出。

 

ゴルフスイングの原理・原則を通じて、これまで約1000人以上のアマチュアゴルファーをサポート。

 

そして、「全国に住んでいる難民ゴルファーに陥って苦しんでいる方のサポートをしたい」

という思いから、2020年よりブログ開設。

 

現在もゴルフレッスンに携わりながら、ブログ、メルマガ発信を通じ、

オンラインでもゴルフ上達のサポートを行っている。

   

-ゴルフ100切り「女性ゴルファー」

Copyright© やまやんゴルフブログ , 2022 All Rights Reserved.