YouTube難民ゴルファーから脱出し、100切り達成したい人へ

芸能人ゴルフ

藤森慎吾クラブセッティングを紹介!?ゴルフスコア、300ヤード飛ばす努力にも迫る!

2023年12月29日

こんにちは
やまやんです。

最近YouTubeを観ていると、
大西ライオンさんや、蛍原徹さんのように

お笑い芸人の方が
ゴルフ系YouTubeチャンネルを運営して
チャンネル登録者数が10万人を超えています。

更にはお笑い芸人のかまいたちが運営する
かまいたちチャンネル内で、

かまいたち山内さんが千鳥ノブさんと一緒に
ゴルフクラブ一式購入する動画の再生回数は

何と「400万回」を超えており、
反響が多いのが分かります。

お笑い芸人ってそれだけ注目度が高く、
そして笑いを提供してくれて
嫌な事を忘れさせてくれるといった

心のケアもしてくれる効果があるので
それだけ人気が高いと思います。

そして今回私が取り上げた
YouTubeチャンネルは
藤森慎吾のYouTubeチャンネル

チャンネル登録者数は、
2023年12月時点で93万人

もうすぐ100万人を突破しそうな
勢いのあるチャンネルです。

この藤森慎吾YouTubeチャンネルは、
ゴルフに特化したゴルフ系
YouTubeチャンネルではありませんが、

ゴルフに関する動画も沢山投稿されており、
一番再生回数が多い動画は何と
230万回の再生回数を出しています。

YouTubeではゴルフに上達に関する事や、
ゴルフスイングなどを伝えている
ゴルフレッスン系の動画が沢山ありますよね。

しかしゴルフレッスン系の
再生回数が200万回も超える動画は、

・てらゆーゴルフを運営するてらゆーさん
・三觜TVを運営する三觜喜一さん
・大地ゴルTVを運営する菅原大地さん

動画くらいしか私は見たことがありません。

私は他の記事の中で
・てらゆーゴルフのてらゆーさん
・三觜TVの三觜喜一さん
・大地ゴルフTVの菅原大地さん

に関する記事も書いていますので
興味がある方はそちらもご覧下さいね。

てらゆーさんに関する記事
三觜TV三觜喜一さんに関する記事
大地ゴルフTV菅原大地さんに関する記事

そんなYouTubeでも人気チャンネルを
運営している藤森慎吾さん。

私は藤森慎吾さんのついて、
気になる部分が幾つか出て来ました。

そこで今回の記事は

藤森慎吾さんのゴルフスコアはどれくらいなのか?
藤森慎吾さんが300ヤード飛ばす努力について
藤森慎吾さんが愛用するクラブセッティング

などについてお伝えしていきます。

是非最後まで読んで下さいね。

藤森慎吾ゴルフスコアはゴルフ歴6年で85!現在は73までに成長

藤森慎吾のYouTubeチャンネルを観ていると、
千鳥ノブさんや、平成ノブシコブシ吉村さんなどと
仲良くゴルフをされている動画を始め、

それ以外にも多くのゴルフ動画を
投稿されていますから、

藤森慎吾さんがゴルフに
慣れているのが伝わってきます。

「藤森慎吾さんのゴルフベストスコアは
一体いくつなんだろう」

そう思って藤森慎吾さんの
ベストスコアを調べた所、

2014年の時にゴルフ歴6年
ベストスコア85

であるという事が分かりました。

(出典:GDOより)

藤森慎吾さんがゴルフ歴6年で
ベストスコア85というレベルが凄いのか?

もしゴルフをやった事がない方でしたら
イメージが湧かなくて良く分かりませんよね。

ベストスコア85という数値は、
ゴルフレベル的には中上級者と言えるレベルで、

ゴルフコンペに参加したり、
接待ゴルフなどで周りに迷惑をかけず、
ある程度周りに気配りもしながらプレー出来る。

こういったゴルフプレーに余裕が持てるレベル。

ゴルフ歴6年でベストスコア85
でプレーしていた藤森慎吾さんが、

この当時どれくらいのペースで
ゴルフ場でプレーし、

週にどれくらいの頻度で
ゴルフ練習に打ち込んでいたのかにもよります。

ゴルフのようなスポーツに関わる事って、
同じ練習内容をこなし、
時間を過ごしていたとしても、

やはり個人差が出てしまうので、
中々図る物差しがないのも現実。

ちなみに私の実例を出させてもらうと、
ゴルフを始めてベストスコア89を出した時、

毎日ゴルフ練習場で500球以上打って、
毎週ゴルフ場でのキャディー業務を終えた後に、

「ゴルフバックを担ぎ、
走ってゴルフコースを回る」

という生活をして
1年後にやっとの思いで89を出しました。

中には私が当時89を出した時と
同じ練習量でゴルフに取り組んで、

ベストスコア79という人もいましたし、
やはりこういったスポーツには個人差があります。

しかしゴルフ人口で100が切れる割合は、
全体の約30%くらいだと言われていますので、

ゴルフを始めて6年で
ベストスコア85の藤森慎吾さんは、
ゴルフが上手い部類に入るという事ですね。

そして藤森慎吾さんのベストスコアに
関する情報を調べていたら、

2023年10月に投稿された、
鈴蘭ゴルフチャンネル動画内で
藤森慎吾さんが登場し、

サムネイル画像にベストスコア73
と書いてあるのを発見。

藤森慎吾さんが、ベストスコア85から73まで
12打も更新しているという事が判明しました。

ゴルフもダイエットと似たような傾向があり、
100キロの体重があって10キロ減量するよりも、

60キロの体重から10キロ
減量する方が体重が落ちにくい。

そしてゴルフベストスコア70台の割合は、
ゴルフ人口全体で
約2%~5%くらいだと言われています。

私自身もベストスコア78を出した時は、
先程お伝えさせて頂いたように、

毎日500球以上も打ち、
毎週ゴルフ場でキャディーの業務を終わった後、

走ってゴルフコースでプレーする
といった生活を送って2年後に達成しました。

ですから藤森慎吾さんが
ベストスコア85から73を出そうと思うと
並大抵の努力では実現は難しい。

こういった部分から考えて
藤森慎吾さんのように、

ベストスコア73を出すのは
非常に難易度が高いという事が
お分かりいただけたでしょうか?

藤森慎吾さんはどのような努力をされて、
ベストスコア85から73という
上級者の腕前までに成長されたのでしょうか?

藤森慎吾さんは「奥山ゆうし」プロのレッスンを受けていると判明

藤森慎吾さんがなぜ、
ベストスコア73までの腕前に成長されたのか、
私なりに調べた所

藤森慎吾さんがベストスコア73の
腕前に成長された理由は

「奥山ゆうしプロの
ゴルフレッスンを受けている」

という部分がかなり大きいと思います。

藤森慎吾さんは2019年の11月頃に
「OKゴルフ ‐ 関節フリーで飛ばす」という

YouTubeチャンネルを運営されている
ゴルフレッスンプロである

「奥山ゆうしプロ」
ゴルフレッスンを受けていました。

このYouTube動画の4分40秒くらいの所で、
レッスンを受ける前の藤森慎吾さんのスイングは、

打った後のフィニッシュが
バランスよく作れていませんが、

奥山ゆうしプロからレッスンを受けた後は、
打った後にバランスよく立てて、

カッコ良いフィニッシュが
作れているのが分かりますね。

藤森慎吾さんが奥山ゆうしプロから
レッスンを受けて、なぜフィニッシュが
カッコ良く作れるスイングへと変わったのか。

藤森慎吾さんは奥山ゆうしプロから、
両手を肩の高さに置いて
身体を回転するドリルを実践されています。

このようなゴルフクラブを持たない練習は、
ボールが打てないので
あまり面白くない練習ですが、

実はゴルフスイングが上手くなる為には
こういったゴルフクラブを持たない
練習方法が必要不可欠なんです。

このドリルを実践する事で、
ゴルフスイング中の身体が

左右、上下に崩れる事がなくなり
安定したスイングが作れます。

やはりボールを打っていると、
「ボールを遠くに飛ばしたい」
「上手くボールを当てたい」

こういった精神的な要因から力みが生じ、
スイング中に身体を左右、
上下に揺さぶったりして

トップ、ダフリなどといった
ミスを誘発するきっかけを生み出してしまう。

藤森慎吾さんが両手を肩の高さに揃えて
身体を回転するドリルを実践する事で、

ゴルフスイングの基本的な
身体の回転運動を身に付ける事を
可能とさせてくれる為、

ゴルフスイング中に身体が
左右、上下に崩れる事がなくなり
安定したスイングが作れます。

私も普段ゴルフレッスンをする中で、
藤森慎吾さんが実践しているような、

ゴルフクラブを持たない練習方法を
自宅での課題として与える事も多く、

やはりそういった自宅での課題を毎日こなす人は
動きを身に付けるスピードも早いので
ゴルフ上達もそれと伴いますね。

私は他の記事でもゴルフが上手くならない人の
6つの特徴についてブログ記事を書いていますので、
興味がある方はそちらの記事も読んで下さいね。

ゴルフが上手くならない人の6つの特徴について

藤森慎吾さんがベストスコア73の
上級者の腕前まで成長されたのは、

奥山ゆうしプロのレッスンを受けて課題をもらい、
日々コツコツと実践された努力の賜物だと言えます。

藤森慎吾さんは300ヤード飛ばす為、体も鍛えて努力していた

 

藤森慎吾さんのインスタを
拝見させて頂いた所、

スポーツジムへ通い、
地道なトレーニングをしている

事が分かりました。

藤森慎吾さんのヘッドスピードは40後半。

藤森慎吾YouTubeチャンネル内で、
「300ヤードチャレンジ」といった
動画が投稿されており、

トラックマンという弾道測定器を使って、
ヘッドスピード49、飛距離300ヤードを
見事達成されています。

一般の男性アマチュアゴルファーの
ヘッドスピードの平均が約40。

ドライバーで200ヤード飛べば良い方です。

ドライバーで200ヤードの飛距離だとすると、
400ヤード前後ある距離が長いパー4では
残り200ヤードくらい残ってしまう。

パー4の2打目が、200ヤードも残ってしまうと
フェアウェイウッドなどの長いクラブで
打たないといけなくなります。

フェアウェイウッドのような長いクラブは
クラブの角度が少ない為、

ボールが上がりにくく、
コースでも芝の長いラフや

傾斜の強い所から打つには
クラブの芯でボールを捕らえる事が難しい。

仮にフェアウェイウッドを使って打ち、
クラブの芯で捕らえて
グリーンに直接乗ったとしても、

ボールにスピンがかからないので
転がってグリーンを超えてしまう。

藤森慎吾さんのように、
ドライバーで300ヤード飛べば

400ヤードくらいある距離の長いパー4で、
残り距離が100ヤード前後の
短い距離からボールを打つ事が可能。

短い距離からボールが打てれば、
その分短いクラブでボールが打てれます。

短いクラブはクラブの角度がついているので、
ボールが上がりやすくスピンが効くので

打ったボールがグリーンで止まりやすく
バーディーチャンスにつきやすい。

もちろん飛んでも毎ホールOBを
連発していてはスコアになりませんので、
曲がらないが条件にはなってきます。

なので藤森慎吾さんはゴルフレッスンを受けたり、
自身でもゴルフ練習に取り組まれ、

スイングの修正、ボールコントロールなどの
精度を上げる練習もされています。

ゴルフは少しでも
ボールが遠くに飛ぶと面白いし、
飛ぶというのは自信に繋がる。

そうなってくると、スコアが縮みやすくなり、
ゴルフをやっていても余裕が出てますね。

藤森慎吾さんがヘッドスピード49
ドライバー飛距離300ヤード飛ばせれる秘訣は

スポーツジムでトレーニングをされており、
筋肉がムキムキで素晴らしい
肉体をされている所にあります。

藤森慎吾さんのように300ヤード飛ばすには、
ゴルフの技術面だけではなく、

やはりトレーニングをして
身体を鍛えないと難しいです。

こうしたトレーニングは、
楽しくないので3日坊主になりやすい。

しかも成果として現れるのに、
何年後という自分を未来に投資するので

「こんなに頑張っているのに
なんで成果がでないんだろう」

そういった精神的な苦痛を伴います。

しかしそこを乗り越えて続けないと、
飛距離を伸ばすという事は難しい。

藤森慎吾さんがベストスコア73という
上級者レベルの腕前に成長された裏側には、

地道なトレーニングを毎日
実践されている習慣にあると言えます。

藤森慎吾さんって、
ストイックで素晴らしい方ですね。

藤森慎吾のゴルフクラブセッティングは「ピン」が中心

ベストスコア73の上級者の
腕前を持つ藤森慎吾さんは、

一体どんなゴルフクラブを使っているんだろうと
気になる方も多いはず。

鈴蘭ゴルフチャンネル内の
2023年11月1日に投稿された動画内から

藤森慎吾さんが使用する
ゴルフクラブセッティングを
紹介していきますね。

使用ドライバー(1W)
使用クラブ:ピンG430MAXドライバー
ロフト:9°
シャフト:ピンTOUR2.0BLACK
硬さ:S

藤森慎吾さんが使用する
ゴルフクラブセッティングのドライバーは、
ピンG430MAXだという事が分かりました。

ピンというブランドのゴルフクラブは、
「前作の性能を超えないと
新しい物を出さない」
と公言しているメーカー。

こうした思いを聞くと、
ゴルフメーカーとしてのプライドと、
プロ意識の高さが伺えますよね。

ピンG430MAXドライバーの特性は、
前作のG425シリーズよりも

フェース面を薄くして、
反発力を高め飛距離アップを追求。

そしてゴルフクラブヘッドの
上下方向の丸み=ロール

ゴルフクラブヘッドの
左右方向の丸み=バルジ

この計算のバランスを整えて、
ゴルフクラブの芯を外しても

余計なスピンが入らずに
飛距離のロスを軽減する効果を出しています。

私がピンG430MAXドライバーを
試打した事がありますが、

ゴルフクラブヘッドに丸みがあり、
構えた時に安心感を感じたので

「凄く構えやすいな~」
という印象を持ちましたね。

そして飛距離もそうですが、
やはり飛距離のロスが少なく、
ボールが大きく曲がる事が少ないので、

OB数が減り、スコアを確実に出す
安定感が高いドライバーであると感じました。

ピンG430MAXドライバーについての特徴は、
下記のYouTube動画を参考にご覧下さい。

そして藤森慎吾さんは、
ピンTOUR2.0BLACK
というピンの純正シャフトを使用。

私もこのピンG430MAXドライバーに
ピンTOUR2.0BLACKが入った
モデルを試打した事がありますが、

スイングした感じ軽いと感じましたが、
最後まで振り抜きやすかったです。

そして軽いシャフトですが、
しなりが少なく感じ、

ボールの曲がり幅も少なくて
安定したボールが打てました。

重量は軽くてヘッドスピード40以上あれば
打てるシャフトかと思いますが、

シャフトのしなりが少ないので、
ボールが上がらなくて飛距離が伸びない人もいます。

ちなみに藤森慎吾さんは、
ヘッドスピード40後半と非常に速いので、
そのレベルから考えると、

このピンTOUR2.0BLACKという純正シャフトは、
ヘッドスピードが速い人向けの
シャフトだと思いますね。

ピンTOUR2.0BLACK純正シャフトの
特徴について詳しく知りたい方は、
下記の動画を参考にご覧下さい。

使用フェアウェイウッド(3W、5W)
使用クラブ:ピンG430MAX
ロフト:3W15°、5W18°
シャフト:PING TOUR 2.0 CHROME
硬さ:S

藤森慎吾さんが使用する
フェアウェイウッドは、

ドライバ―と同じく、
ピンG430MAXの
3W、5Wの2本を使用。

藤森慎吾さんが使用する
ピンG430MAXのフェアウェイウッドも
ドライバーと同じく、

クラブヘッドは丸形の形状をしており、
構えた時の安心感があります。

そして金属音が気持ちよく、
クラブの芯でボールを捕らえると
心地よい打感を得られて飛距離も出るので、

初心者から上級者まで幅広く使える
モデルのゴルフクラブだと思いますよ。

ピンG430MAXフェアウェイウッドの
特徴について詳しく知りたい方は、
下記のYouTube動画を参考にして下さいね。

使用ユーティリティー(U4)
使用クラブ:ピンG430
ロフト:22°
シャフト:PING TOUR 2.0 CHROME
硬さ:S

藤森慎吾さんが使用するユーティリティーは、
ドライバ―、フェアウェイウッドと同じく、
ピンG430シリーズを使用しています。

ドライバ―からユーティリティーまで、
全てピンG430で揃えている部分は、

統一感があって良い
ゴルフクラブセッティングだと思いますね。

別にドライバーはテーラーメイドで、
フェアウェイウッドはキャロウェイ、

ユーティリティーはピンなどといった、
統一性のないゴルフクラブセッティング
でも良いとは思います。

しかし、スイングが安定していない
アマチュアゴルファーの方は、

ドライバ―からユーティリティーまで
同じシリーズで揃えた方が、

打った打感が同じで構えた時の形状が似ており、
スイングした感覚も一定になりやすい。

そうするとスコアが安定しやすいと思うので、
藤森慎吾さんように、
ドライバーからユーティリティーまで

ピンG430シリーズで統一されている
ゴルフクラブセッティングは、
非常に参考にすべき点だと思います。

特にピンG430のドライバーから
ユーティリティーまでのクラブは

・構えやすい
・打感が良い
・飛距離が出る
・曲がらない

などといった評価が高く、
名器と呼ばれるにふさわしいゴルフクラブです。

ピンG430の口コミや評価について気になる方は、
下記のリンクをクリックして下さいね。

ピンG430の口コミについてはこちらから

使用アイアン(5I~UWまでの計7本)
使用クラブ:ピンi230
シャフト:モーダス
硬さ:X

藤森慎吾さんが使用する
ゴルフクラブセッティングのアイアンは、
ピンi230です。

ピンi230の特徴は、ヘッド素材は
軟鉄鍛造ではなくステンレスを使用し、
芯を外しても飛距離のロスが少ない。

ロフトは7番で33°、PWで45°という
最近のモデルの中では
ロフトが立ちすぎていない設定で、

飛距離よりも、安定性と操作性を
重視しているのが分かります。

更には溝の角度と間隔を最適化した
「マイクロマックス・グルーヴ」を採用。

前作のi210よりも溝の本数を増やしたことにより、
グリーン上の狙ったポイントでビタっと止まる。

(出典:ALBANETより)

写真で見ても分かるように、
前作のi210よりもi230の方が、
溝の本数が増えているのが分かります。

デザインもシンプルでカッコ良いですね。

更にはラフや芝が濡れた状態でも
コントロール性能とショットの再現性を向上。

ラフから打っても飛距離の
コントロールが出来るのは、

一打を争うプロゴルファーにとっては
非常に重要な要素を含めています。

藤森慎吾さんが使用する
ピンi230アイアンはその性能の高さから

金谷拓実選手はじめ、
多くの女子プロも使用しています。

 

このピンi230アイアンは、
2023年1月19日発売のモデルで
前作のi210モデルから4年越しに発売。

テーラーメイドなどのメーカーは、
1年経ったら新しいモデルが発売されるので、
そう考えると4年はかなり長い期間ですよね。

やはりピンというメーカーは、
前作を超えないと新しいモデルを
発売しないと公言しているので、

「ただ新しいモデルを出して
ゴルフクラブを販売しよう」というのではなく、

「良い製品を世に送り出すんだ」
といった想いと誇りが伝わってきますね。

その証拠に前作のi210と比べても、
溝の本数が増えたり、
高比重ウエイトを埋め込んだりと、

工夫がなされているので、
明らかに性能の違いが伺えます。

私はまだこのピンi230アイアンを
試打した事はありませんが、

近々ショップで試打して、
また感想をレビューしますね。

ピンi230アイアンの特徴についての詳細は、
下記の動画を参考にご覧下さい。

使用ウェッジ
使用クラブ:タイトリストVOKEY FORGED
ロフト:54°、58°
シャフト:ダイナミックゴールドS200
硬さ:S

藤森慎吾さんが使用するウェッジは、
数々のトッププロが使用している
タイトリストVOKEY FORGED。

タイトリストVOKEY FORGEDは、
世界中のトッププロも使用し、
ウェッジ界の中でも王道のゴルフクラブです。

プレーヤーに応じて様々な形状や、
ロフト、バンス角などの種類も多く
工夫がなされているのが特徴。

スピン性能も高く、
上級者からの評価も高いですよ。

タイトリストボーケイウェッジは、
あの石川遼プロも舌を巻くくらい

ウェッジの技術の高さを持つ
伊澤秀憲プロも高評価しています。

私はあの石川遼プロも驚くくらい、
ウェッジの技術の高さを持っている

伊澤秀憲プロについての
記事も書いていますので、
興味がある方は是非ご覧下さい。

伊澤秀憲プロに関する記事はこちらから

使用パター
使用クラブ:オデッセイホワイトホットOG

藤森慎吾さんはピンタイプの
パターを使用していましたが、

久保超路(ひろみち)プロと
一緒にプレーした際、

「慎吾君、そのパター合ってないと思うよ」
と言われ、渡されたパターが
オデッセイホワイトホットOGでした。

形はつの型で、クラブヘッドが大きく
安心感があるタイプのパター。

構えた時に安心感があると、
「このパターを絶対に沈めたい」

などとコースでプレッシャーがかかった場面で
安定したストロークを可能にしてます。

私も経験がありますが、ショットは良くても
パターでスコアを崩してしまう事があるので、
自分に最適なパターを見つけるのは重要。

藤森慎吾さんがおっしゃるには、
このオデッセイホワイトホットOGパターは
約20年くらい前のモデルだと言っています。

パターはドライバーなどのように
飛ばすクラブではないので、

自分が気に入れば何十年でも
同じパターを使えるのが大きなメリット。

私も昔は「このパターは入らない」
とクラブのせいにして、

1年間でパターを4~5本くらい
変えていた時もありました。

今思えば「お金を無駄に使ってしまったな」
と反省しています。

藤森慎吾さんが使用している
オデッセイホワイトホットOGパターは、
現在モデルとして発売されています。

オデッセイホワイトホットOGパター
について気になる方は、
下記の動画を参考にご覧下さい。

まとめ

藤森慎吾さんのゴルフベストスコアは
73という上級者の腕前だという事が分かりました。

藤森慎吾さんがなぜゴルフベストスコアが73と
上級者レベルの腕前までに成長されたのか。

その理由は奥山ゆうしプロへ自ら
ゴルフレッスンを受けたいとメールを送り、

スイング修正やゴルフ上達に関する
アドバイスをもらいながら努力された事。

更には筋トレを日々実践されており、
ヘッドスピード40後半、

飛距離300ヤードも狙える
最大限の武器も兼ね揃えているのも
大きな理由だと思います。

藤森慎吾さんはゴルフ上達に対する考え方、
そして取り組み方はストイックで、
向上心が高くないと、筋トレなんか続きません。

やはりお笑い芸人という仕事柄、
「自分がやると決めたらとことん追求する」
という性格なんでしょうね。

そして藤森慎吾さんが使用する
ゴルフクラブセッティングは

ウッド系からアイアンセットまで
全てピンで統一。

ピンのゴルフクラブは
「前作を超えないと新しいモデルは出さない」

とゴルフクラブとしての
性能は高さもありますが、

藤森慎吾さんのように
ウッドからアイアンまで全てピンで揃え、

統一感があるのはスマートで綺麗なので、
私は好感が持てました。

藤森慎吾さんは使用する
ゴルフクラブセッティングから、

見た目という部分も
大事にされているのが伝わってきます。

更に藤森慎吾さんは、
千鳥ノブさん、大西ライオンさん、
平成ノブシコブシの吉村さんなどといった、

数多くのお笑い芸人の方とも
ゴルフを楽しんでいるようですね。

私は千鳥ノブさんと、大西ライオンさんの
ベストスコアに関する記事も書いていますので、
興味がある方はそちらに関する記事も読んで下さいね。

千鳥ノブさんのベストスコアについて
大西ライオンさんのベストスコアについて

今回は藤森慎吾さんの
ゴルフベストスコア、ゴルフの腕前、

ゴルフクラブセッティングに関する事について
お伝えさせて頂きました。

最後まで読んでありがとうございます。

YouTube難民ゴルファーから脱出し、100切り達成したい人へ

・YouTubeゴルフレッスン動画の
情報に日々惑わされて、
何が正しいのかが分からない

・ゴルフ100切り達成出来ないと悩んでいる

このような方のお悩みを
抱えていらっしゃる方に対し、

小手先のテクニックなどではなく

「ゴルフボールが飛んで行く仕組み」
などを具体的に解説しております。

難しい専門用語などを
なるべく使っていない為、
ゴルフ初心者の方でも安心。

更に無料メール講座に登録して頂くと、
直ぐに実践出来るドリルマニュアル

「12動画」を無料で
プレゼントさせて頂きます。

無料ダウンロードはこちらから

-芸能人ゴルフ

Copyright© やまやんゴルフブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.